インプラント治療にはいくらかかる?

入れ歯に代わって、歯を抜いた後の処置として注目を浴びているインプラントの施術。ある程度の資金力のある人の多くは、抜歯治療後にインプラントを行っています。ただ、世間一般においてインプラントを行ってもらうことはお金がかかると言われており、庶民の人々は少々敬遠しがちです。では一体、インプラント治療にはいくらかかるのでしょう?

セラミックアレスタ(GDT:ガス入り放電管) - 雷対策、雷防護製品、雷情報は雷総合企業のサンコーシヤ

インプラントの費用はそれを行っている歯科医院にもよりますが、大体の相場が30万円から40万円だと言われています。これは一本当たりの単価でありますから、新たにインプラントを行うとすると、その都度これだけの費用がかかるようになります。一庶民として30万40万ものお金はちょっとお高い金額ですよね。



ではなぜこのような金額になってしまうのかと言えば、インプラント治療は医療保険外の治療となってしまうことに理由があります。通常の歯科治療であれば3割負担で、それほど多くの費用を支払わなくても良いのに対して保険外診療は10割の全額を支払わなければなりませんから、どうしても高額な費用になってしまいがちなのです。

ガム・デンタルフロス&ピックのここが心配…ここが知りたい!

また、インプラント治療にかかるのはインプラントの増設だけではなく、施術後のメンテナンス代なども含まれてきます。メンテナンスを行う頻度には個人差がありますが、一般的に年4回ほどで、一回当たりの単価は1万円ほどかかる場合もあります。インプラントの施術が保険外診療であるのと同様に、インプラントにおけるメンテナンスも保険外のものになりますので、どうしても通常の歯科診療よりも高額になってしまいがちです。このことから、インプラント治療は30万~40万+メンテナンスが費用の目安となります。

インプラント治療にはいくらかかる?